藤木くにあきblog 日本共産党 庄原市委員会 市委員 藤木邦明
  • 3月
    28

    福島原発の収束はどうなるのか 東京電力副社長が記者会見

    記事分類: 庄原東奔西走, 日本共産党; 連想分類語: , ,

    2011年3月26日、東京電力の武藤副社長が、東京本社で、福島第一原発所の災害について、記者会見をおこないました。

    しかし、しんぶん赤旗の記者の、重要な2つの質問に、最後まで、まともに答えませんでした。

    東京電力福島第一原発所で起きた最悪の事故。
    “安全神話”のもとで推進されてきた原発の危険性が現実になりました。
    日本列島には54基の原発があります(高速増殖炉「もんじゅ」など研究用原子炉を除く)。
    安全最優先の原子力行政、自然エネルギーへの転換が求められています。

    しんぶん赤旗の記者
    「津波は想定外であったと述べているが、電源が失われる可能性について想定しなかったのはなぜなのか?」

    武藤副社長
    「津波の解析技術が進展し、最新の知見を踏まえて、安全性について評価してきたと思っている」

    「今回、地震で、所内の電源はなくなったが、ディーゼル発電機はしっかり起動している。そのあとの津波が発電所を襲ったところで電源を喪失している」

    しんぶん赤旗の記者
    「電源を失った場合を想定しなかったのはなぜなのかと聞いている」

    武藤副社長
    「電源がなくなった場合でも、一定の時間、バッテリーを使いながら、原子炉の中の蒸気で原子炉を冷やすのが基本的な考え方で、その時間を超えて電源が復旧できないような状況になるのは、津波によって電源が喪失したからだと申し上げた」

    しんぶん赤旗の記者
    「今、最悪の場合をどういうふうに想定しているのか」

    武藤副社長
    「電源がないなか、まずは自分のとこで持っている蒸気で原子炉を冷やし、それが利用できなくなったところで、外部からポンプをつないで原子炉の中に注水するということをやっている」

    しんぶん赤旗の記者
    「最悪の場合をどのように想定しているのか聞いている」

    武藤副社長
    「原子炉をともかく冷やすということに尽きると思う」
    「そのためには、原子炉の中に水を入れ続けるということが大事なわけで、今は、原子炉への注入を引き続き続けていくことに尽きると思う」

    イイネ!握手 これまでに 1 回。あなたも握手で
    コメント募集中

コメントを募集中

藤木くにあき 連絡先

事務所
広島県庄原市西本町1-4-10
TEL 0824-72-3366
FAX 0824-74-6336
〒727-0013
---------------
自宅
広島県庄原市水越町598
TEL 0824-74-1190
FAX 0824-74-0777
〒729-6141
携帯:090-5704-0645
メール
日本共産党庄原市議 藤木くにあき 連絡先QRコード
以前のサイト(複製)

カテゴリー

 

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

カウンタ

以前のサイト(複製)から通算(09・11・13公開、12・6・1カウンタ変更)

天気


2010年12月7日から始まった講義の録画と要綱、資料です。要綱と資料はPDF形式のファイルになっています。●古典教室=講師:不破哲三社会科学研究所所長●綱領教室=講師:志位和夫委員長
>> 日本共産党 綱領・古典の連続教室