藤木くにあきblog 日本共産党 庄原市委員会 市委員 藤木邦明
  • 1月
    20

    2014.1.20
    日本共産党の志位和夫委員長は、沖縄県名護市長選結果について19日、党本部で記者会見し、次のようにのべました。

    1、この結果は、沖縄県民の歴史的勝利です。

    安倍政権による、卑劣な強圧をもちいての新基地建設の押し付けをきっぱり拒否した、名護市民の勇気ある審判に心からの敬意を表します。

    政府は、この結果を重く受けとめ、辺野古への新基地建設を断念すべきです。

    日本共産党は、普天間基地の無条件撤去を強く求めて、沖縄県民とともにたたかいます。

    2、(「政府は今後どう出てくるとお考えか、それに対する共産党の対応は」との問いに)自民党の幹事長は「新基地建設の問題は政府が決めることだ」と言い放ちました。
    官房長官は「選挙の結果はどうあろうとも新基地建設は左右されない」という発言をしております。
    政府・与党の側が今度の結果をふみつけにして、新基地建設をごり押しすることは起こりうることだと思います。
    しかし、こういう審判が下った以上、辺野古に基地をつくることは絶対にできません。

    新基地建設をごり押しすることは絶対に許さないというたたかいを、沖縄と本土が連帯してさらに発展させ、圧倒的な世論の力で日米両政府を包囲する。
    そして新基地建設を断念に追いこむ。
    同時に普天間基地は無条件で撤去する というところに追い込む。
    たたかいはこれからが大事だと思っています。

    >>会見のムービーはこちら

    次は、東京都知事選、沖縄県知事選で必ず勝利し、安倍自民・公明政権の暴走をストップさせましょう。

    >>日本共産党沖縄県委員会のHPはこちら

    イイネ!握手 これまでに 0 回。あなたも握手で
    コメント募集中
  • 1月
    15

    2014.1.15
    論戦では、「辺野古の海にも陸にも基地をつくらせない」という公約を貫く稲嶺候補が圧倒。その反映として、14日付各紙の世論調査は共通して「稲嶺先行、末松追う」という結果になっています。

    同時に、辺野古新基地問題が争点になった選挙で、事前の予想では新基地反対の候補が優勢とされながら敗北した例が少なくありません。最近でも、2012年2月の宜野湾市長選で、「圧勝」と言われた伊波洋一元市長が僅差で敗れています。

    稲嶺候補勝利のため名護の知りあいに声をかけましょう。

    >>気力あふれる稲嶺候補のムービーはこちら

    イイネ!握手 これまでに 0 回。あなたも握手で
    コメント募集中

藤木くにあき 連絡先

事務所
広島県庄原市西本町1-4-10
TEL 0824-72-3366
FAX 0824-74-6336
〒727-0013
---------------
自宅
広島県庄原市水越町598
TEL 0824-74-1190
FAX 0824-74-0777
〒729-6141
携帯:090-5704-0645
メール
日本共産党庄原市議 藤木くにあき 連絡先QRコード
以前のサイト(複製)

カテゴリー

 

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

カウンタ

以前のサイト(複製)から通算(09・11・13公開、12・6・1カウンタ変更)

天気


2010年12月7日から始まった講義の録画と要綱、資料です。要綱と資料はPDF形式のファイルになっています。●古典教室=講師:不破哲三社会科学研究所所長●綱領教室=講師:志位和夫委員長
>> 日本共産党 綱領・古典の連続教室