藤木くにあきblog 日本共産党 庄原市委員会 市委員 藤木邦明
  • 5月
    30

    2013.5.30
    日本軍「慰安婦」問題などをめぐる橋下徹大阪市長(「日本維新の会」共同代表)の一連の発言を受け、大阪市議会最終日となる30日の本会議に橋下市長に対する問責決議案が、日本共産党、自民党、民主党系の3会派の共同提案で提出され、橋下市政を支えてきた公明党も賛成し、可決される見通しとなっていましたが、最終的に公明党が反対にまわり否決されてしまいました。
    今後、「慰安婦」問題に対する公明党の政治的立場が、するどく問われることになるでしょう。
    みなさんはどう思われますか。

    イイネ!握手 これまでに 1 回。あなたも握手で
    コメント募集中
  • 5月
    30

    2013.5.30
    日本軍「慰安婦」問題などをめぐる橋下徹大阪市長(「日本維新の会」共同代表)の一連の発言を受け、大阪市議会最終日となる30日の本会議に橋下市長に対する問責決議案が提出され、可決される見通しとなりました。

    決議案は、市議会の日本共産党、自民党、民主党系の3会派の共同提案となる方向で、採決では橋下市政を支えてきた公明党も賛成する見通しです。

    決議案は、13日以降の一連の発言に国内外から抗議が相次いでいることを指摘するとともに、市長という公人の立場での発言には責任問題が伴うことを自覚すべきだと政治的責任を強調する内容です。

    日本共産党の北山良三市議団長は「首長と議員を住民が直接選ぶ二元代表制のもとで、一方の市民の代表である議会から市長の責任を問うというたいへん重い決議案だ。可決されれば市長もそれを重く受け止め、自らの進退も含めてしかるべき対応を考えるべきだ」と話しました。

    イイネ!握手 これまでに 0 回。あなたも握手で
    コメント募集中
  • 5月
    28

    2013.5.28
    日本維新の会の橋下徹共同代表は27日、記者会見し、旧日本軍「慰安婦」について「必要なのは誰だってわかる」とした発言について謝罪も撤回もせず無反省に言い訳を重ね、責任転嫁に終始しました。

    日本共産党の市田忠義書記局長・参院議員は27日、記者会見し、「問題の発端は、橋下氏が「慰安婦制度が必要なのは誰だってわかる」と言明したことにあり、誰だってわかるといったその中に「自分は入っていない」と言いだしてメディアや国民のせいにしている」と指摘。

    他国の軍隊を例に日本だけがなぜ責められるのかと居直ったことについて「他人も泥棒しているから、自分もしてもいいという論理であり、歴史と真摯に向き合う姿勢が根本から欠けている」

    「在沖縄海兵隊司令官に「風俗業」活用をすすめた問題について「女性を慰み者にしていい」という人間観・女性観を語っている」と批判しました。

    >>市田書記局長の記者会見のムービーはこちら

    イイネ!握手 これまでに 1 回。あなたも握手で
    コメント募集中
  • 5月
    24

    2013.5.24
    日本軍「慰安婦」制度の最大の問題は、軍がつくった「性奴隷制度」だということです。
    なぜかといえば▽居住▽外出▽性行為の拒否▽廃業などの女性の自由を奪う強制的制度だったからです。
    軍慰安所は軍の施設として軍の命令でつくったものです。軍が建物を提供し、慰安所規則もつくり、管理・統制していた。

    特に朝鮮などの植民地で、日本軍が選んだ業者が誘拐か人身売買で女性を連れて行くケースが数多くあった。これは当時の国内法や国際法にも違反していました。

    橋下さんと安倍さんに共通しているのは「慰安婦」問題での日本政府の責任を否定したいということです。・・・
    詳しくは、5月26日付のしんぶん赤旗日曜版をご購読ください。月800円です。

    イイネ!握手 これまでに 0 回。あなたも握手で
    コメント募集中
  • 5月
    20

    2013.5
    維新の橋下代表 「(慰安婦制度の)必要性は(第2次世界大戦)当時は感じていたんでしょうね。『その当時に』『みんなが』ですよ」

    維新の西村衆院議員 「慰安婦がセックススレイブ(性奴隷)に転換されている。われわれは積極的に『売春婦とセックススレイブとは違うんだ。売春婦は日本にまだうようよいるぞ』と、反撃に転じた方がいい」

    そもそも、日本軍「慰安婦」の本質的問題は、旧日本軍が警察や行政組織と一体となって、多くの女性を軍の慰安所に閉じ込め、“軍人の性欲処理の道具”として「性奴隷」状態においてきたところにあります。

    女性たちを集めた方法は、軍の要請を受けた業者による詐欺・甘言や日本軍自らが強制連行したケースなどさまざまですが、先に述べた本質は変わりません。

    ところが橋下氏は、「軍や官憲が暴行・脅迫をもって無理やり強制連行してそういう仕事に就かせた証拠はない」と主張し、「性奴隷」といわれるような深刻な戦争犯罪ではなかったというのです。

    しかし、軍や官憲による強制連行の事例は1990年代以降の「慰安婦」裁判でも日本の裁判所が事実認定を確定しています。
    1994年のオランダ政府報告書にも列挙されており、女性が連行され売春を強制されたスマラン事件については橋下氏自身が昨年10月に「事実としては認めます」と語っています。

    イイネ!握手 これまでに 0 回。あなたも握手で
    コメント募集中
  • 5月
    19

    2013.5.19
    橋下氏の発言を聞いて、胸がざわざわするような不快感を覚えました。「従軍慰安婦」は必要だといい、米軍には風俗の利用をすすめる。発言の前提には、人間性を否定する戦争の肯定を感じます。 作家 吉永みち子

    しんぶん赤旗日曜版は月800円です。ぜひご購読ください。

    イイネ!握手 これまでに 0 回。あなたも握手で
    コメント募集中
  • 8月
    12

    解決を!生きてるうちに 日本政府に謝罪と賠償を要求
    1991年8月14日、日本の侵略戦争で軍による性暴力を受けた被害女性が、韓国のソウル市で初めて名乗り出ました。これが日本軍「慰安婦」問題を解決する運動の始まりでした。20年たった今も、日本政府はその責任を認めず、被害者の人権を踏みつけたままです。

    詳しくは、しんぶん赤旗日曜版2011年8月14日号をご覧ください。
    1部売り200円です。

    イイネ!握手 これまでに 0 回。あなたも握手で
    コメント募集中

藤木くにあき 連絡先

事務所
広島県庄原市西本町1-4-10
TEL 0824-72-3366
FAX 0824-74-6336
〒727-0013
---------------
自宅
広島県庄原市水越町598
TEL 0824-74-1190
FAX 0824-74-0777
〒729-6141
携帯:090-5704-0645
メール
日本共産党庄原市議 藤木くにあき 連絡先QRコード
以前のサイト(複製)

カテゴリー

 

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

カウンタ

以前のサイト(複製)から通算(09・11・13公開、12・6・1カウンタ変更)

天気


2010年12月7日から始まった講義の録画と要綱、資料です。要綱と資料はPDF形式のファイルになっています。●古典教室=講師:不破哲三社会科学研究所所長●綱領教室=講師:志位和夫委員長
>> 日本共産党 綱領・古典の連続教室