藤木くにあきblog 日本共産党 庄原市委員会 市委員 藤木邦明
  • 1月
    14

    (株)ジュオンの事実上の倒産の経過をまとめてみました

    2011年1月14日、
    2005. 3  市が「地域新エネルギービジョン」を発表

    2005.11  (株)ジュオンが布野町に木質排ガス浄化溶液(BCL)製造工場建設開
           始

    2006. 5  (株)ジュオンが布野工場操業開始、竹光木材が搬入

           (株)ジュオンと産総研が、木質のエタノール生産研究開始

    2007. 1  市が「バイオマスタウン構想」を公表

    2007. 3  市が(株)ジュオンとバイオマス関連事業推進(木質エタノール実験施
           設建設、東城温泉へのチップボイラーの設置、庄原工業団地への木
           質排ガス浄化溶液(BCL)工場の建設)の協定締結

    2007. 3  バイオマスフォーラムで、パネラーが「木質のエタノールはコストが
          高く困難」と指摘

    2008. 3  市が(株)ジュオンの木質エタノール実験施設建設( 1,807万円)、無
          償貸与、プラントの3,000万円は(株)ジュオンが建設、1,442万円の
          補助金、実験開始


    2008. 4  (株)ジュオンが東城温泉に6,400万円でチップボイラー設置、1,996万
          円の補助金

    2008. 4  グリーンケミカル(株)設立((株)ジュオンの子会社)

    2008. 9  市が中国四国農政局にグリーンケミカル(株)の事業計画を提出、木質エ
          タノール製造の計画から→木質排ガス浄化溶液(BCL)、リグニン
          類、セルロース系炭素の製造に変更、実験で規模拡大の目途がたったと
          していた、総事業費は29億2,500万円の予定だった

    2010. 5  グリーンケミカル(株)の第1期工場完成(庄原市是松町の工業団地)、
                    すでに4億6,200万円を補助済

    2010.11   (株)ジュオンが操業停止、破産申立すると告示、従業員全員解雇、事実
                     上倒産、子会社のグリーンケミカル(株)も従業員を全員解雇、現在に至る

    この間、国の補助金 4億9,642万円  
               市の補助金       1,807万円 を グリーンケミカル(株)に支払済み

    補助金適正化法により、会社の倒産が確定すると、国の補助金を、会社に代わって、市が返還しなければならなくなる、重大な問題です。

    イイネ!握手 これまでに 1 回。あなたも握手で
    コメント募集中

コメントを募集中

藤木くにあき 連絡先

事務所
広島県庄原市西本町1-4-10
TEL 0824-72-3366
FAX 0824-74-6336
〒727-0013
---------------
自宅
広島県庄原市水越町598
TEL 0824-74-1190
FAX 0824-74-0777
〒729-6141
携帯:090-5704-0645
メール
日本共産党庄原市議 藤木くにあき 連絡先QRコード
以前のサイト(複製)

カテゴリー

 

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

カウンタ

以前のサイト(複製)から通算(09・11・13公開、12・6・1カウンタ変更)

天気


2010年12月7日から始まった講義の録画と要綱、資料です。要綱と資料はPDF形式のファイルになっています。●古典教室=講師:不破哲三社会科学研究所所長●綱領教室=講師:志位和夫委員長
>> 日本共産党 綱領・古典の連続教室