藤木くにあきblog 日本共産党 庄原市委員会 市委員 藤木邦明
  • 1月
    30

    (株)ジュオン問題等の第4回調査特別委員会報告 その3

    2011年1月27日、午後1時から、市議会の、調査特別委員会が開催されました。

    滝口市長は、公務で欠席し、2人の副市長が出席しました。

    私は、今回の計画のずさんさ、今後の林業、木質バイオマスのあり方を明らかにするため、積極的に、質疑をおこないました。

    日刊工業新聞社発行の、「科学技術の視点から森林バイオマス利用の在り方を探る」という本で、久保田 宏(東京工業大学名誉教授)、松田 智(静岡大学工学部准教授)氏は、次のような主旨の指摘をされています。

    ○木材を原料としたエタノール(木質バイオマスによるアルコール類の燃料)で自動車を走らせた場合と、木材を燃料として発電し電気に変え、電気自動車を走らせた場合の、エネルギー変換効率は、木材を用いて発電し、電気自動車を走らせた方が、10倍良い。
    ○木材需要の全量を賄って余りある森林を持つのに、その80%を輸入材に頼っている国は日本以外にない。
    木材の国内生産を妨げている、生産材の林地からの搬出コストを低減するため、林地内の路網を整備しなければならない。
    林地内の路網の整備に約5兆円の国費を10年計画で投入し、順次おこなえば、疲弊した地域経済を活性化し、林業産出額は、1.3兆円程度になり、雇用も15万人程度増え、20万人程度となり、木材の100%の自給率を達成でき、国民の利益となって償還される。

    ○そして、短期、皆伐方式から、少量づつ頻繁に抜き伐りを繰り返す、長期、多間伐にすることにより、針葉樹の森林にも広葉樹が入り込む、生物多様性の豊かな森をつくることができる。

    ○そのとき、材料として利用できない部分が、初めて、木質バイオマスとして、エネルギー化利用の対象となりうる。
    それを総合利用することで、持続可能な循環社会、地球環境保全型の社会をつくることができる。

    私は、今後、「こうした観点で、林業、木質バイオマスにとりくむ必要があるのではないか」と、指摘しました。

    イイネ!握手 これまでに 0 回。あなたも握手で
    コメント募集中

コメントを募集中

藤木くにあき 連絡先

事務所
広島県庄原市西本町1-4-10
TEL 0824-72-3366
FAX 0824-74-6336
〒727-0013
---------------
自宅
広島県庄原市水越町598
TEL 0824-74-1190
FAX 0824-74-0777
〒729-6141
携帯:090-5704-0645
メール
日本共産党庄原市議 藤木くにあき 連絡先QRコード
以前のサイト(複製)

カテゴリー

 

2017年12月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

カウンタ

以前のサイト(複製)から通算(09・11・13公開、12・6・1カウンタ変更)

天気


2010年12月7日から始まった講義の録画と要綱、資料です。要綱と資料はPDF形式のファイルになっています。●古典教室=講師:不破哲三社会科学研究所所長●綱領教室=講師:志位和夫委員長
>> 日本共産党 綱領・古典の連続教室